わたしのお通じ解消体験・45日の全記録 » 【便秘生活32日目】便秘改善効果が高い成分発見!これで怖いもんナシ! » カリウム

カリウム

あまり知られていないのですが、便秘にはカリウムという成分が関係しているそう。カリウムとはどのような成分で、どんな働きがあるのか、便秘とどんな関係があるのかをリサーチしてみました。

カリウムは便秘改善にどんな効果があるの?

カリウムは筋肉を動かす神経の伝達にも関わっているので、不足すると信号がスムーズに伝わらなくなり、筋肉の動きが悪くなってしまいます。足がつりやすい人が、カリウム不足を疑われるのはそのせいです。

筋肉の動きが鈍くなると体全体に悪影響を及ぼします。特に腸の運動機能が低下することで便秘になってしまうことも。逆にカリウムが必要量満たされていて、神経伝達がスムーズに行われていれば腸の動きも活発になり、便秘も改善される可能性があるわけです。

カリウムとはどのような成分なの?

カリウムは、カルシウムやマグネシウムなどと同じミネラルの一種。体内では作り出すことができないので、食事から摂取する必要があります。体の中には、体重1㎏あたり2g程度必要だとされており、そのうちほとんどが細胞内液に存在しているそうです。

細胞の内外で水分のやり取りをして、細胞内の体液の濃度を調整する役割を果たしています。ですから、塩分が濃い食事をしてナトリウムを摂取しすぎると、細胞内のカリウムとナトリウムのバランスが悪くなってしまい、お水をたくさん飲んで薄めようとしたり、汗をかいてナトリウムを体の外へ出そうとしたりする働きが起こるのです。

カリウムが多く含まれている食品って?

カリウムはフルーツにも含まれております。フルーツは食物繊維ビタミンCなども含まれていますから、美容と健康に欠かせない食品。なかでもアボカドメロン、なつみかん、バナナなどに多く含まれています。

野菜でカリウムを摂取する場合は、パセリほうれん草、納豆、サトイモなどがおすすめ。

カリウムを摂取するときの注意点

カリウムはナトリウムとのバランスによって、細胞内外を行き来して電気信号を伝え、筋肉を動かす役割を果たしています。なので、ナトリウムの量とのバランスが重要であり、少なすぎでも多すぎても体調に変化が出やすくなるそう。1日に必要なカリウムの量は、2~4gで男女ともにその数値が最も理想的だと言われています。

特に、腎臓に持病がある方や、腎機能が低下している方は、カリウムが排出しにくくなっていることが考えられます。カリウムが体内に存在し続けると、高カリウム血症を起こす可能性も!怖いですよね~。そこで、これらの問題を気にせずに、お通じを改善させる方法を調べてみました。

カリウムに頼らない便秘解消法とは

カリウムは、体にとって必要不可欠なミネラルの一種です。体内では作り出せない成分なので、必要な量をしっかりと補う必要があります。「カリウムは栄養素」と認識している人は多いですが、便秘改善のためにカリウムを…と考えることはあまりありませんよね。しかし、カリウムが不足してしまうと便秘がひどくなる傾向があると言われており、便秘改善のためにもしっかりと摂取しなくてはいけない成分です。

カリウムは、自らが筋肉を作る成分になったり、エネルギーとして活躍したりすることはありません。しかし、筋肉を動かしたりエネルギーを消費したりする活動には必要です。カリウムを含むミネラルが体内に不足すると、生命を維持することもできなくなる、と言っても過言でもないぐらい重要な成分となっています。

カリウムの働き

カリウムの主な働きは2つ、細胞の内側にある体液の濃さを調整すること、そして神経の信号を伝達する働きがある筋肉が、エネルギーを作るためにサポートすること。ほとんどが細胞内液という部分にカリウムは含まれています。

カリウム不足となると、疲れや足のつりやすさなど…便秘とは違う症状が浮かぶかもしれません。しかし、カリウム不足となって筋肉が思うように動かなくなることで、全身の筋肉活動が低下します。

その一つに腸の機能低下も含まれているため、便秘につながってしまうでしょう。腸が動いて排出しようとすることで、便意をもよおし体外へ排出されますよね。これが腸の蠕動運動による正常な排便といえます。ここで問題となるのが、カリウムの不足です。筋肉を動かすためのカリウムが足りず、腸の筋肉が弱まり、機能が低下することで排便が難しくなってしまうのです。

カリウムをたくさん摂取することで便秘改善が可能、という話はあまり聞かないため、カリウム=便秘改善というイメージを持っている人は少ないと思います。しかし、不足することで便秘を招いてしまう可能性がある成分です。

大事な腸の筋力を低下させることなく、自然と腸の蠕動運動ができるようにカリウムはしっかり補いましょう。便秘だけではなく、体の疲れなども感じている人は、不足している可能性がとても高いです。カリウム不足にならないように、体重1㎏あたり2gを維持するように摂取をおすすめします。

またカリウムはナトリウムとのバランスが保たれて初めて本来の役割を果たすので、ナトリウムの摂りすぎにも気をつけながらバランスを維持しましょう。

最終的に私が選んだのはお茶でした→

プロフィール

AYUMI

30代 独身 趣味:料理

自己紹介若いころから便秘と付き合ってきたわたしが、本格的に便秘と戦った壮絶な45日間を記録。快腸までの道のりや如何に?!

わたしが試した12のお通じ改善法

わたしのお通じ解消体験・45日の全記録

【便秘生活終了】今までの便秘生活をまとめました!便秘からの解放〜インナービューティーを求めて〜

実践編記事一覧

→
←

知識編編記事一覧

→
←