わたしのお通じ解消体験・45日の全記録 » 【便秘生活31日目】やっぱり運動しないと、と思い立つ

【便秘生活31日目】やっぱり運動しないと、と思い立つ

便秘の改善に向けてここまでいろいろと努力してきたつもりだけど、未だにコロコロとしたウサギさんのようなモノしか出ず…。ついに重い腰を上げることにしました。そう、朝早起きしてランニングを始めたんです!! 今までギリギリまで寝て朝食も食べずに出勤していた私からすると、信じられない変化。もう、自分でもびっくり。

これまでとは生活リズムを変える必要があるから正直言って負担が大きいけど、いざ始めてみると気分爽快。走り終わるとなんだかスッキリしていて気持ちがアガる。この勢いで、腹筋運動も始めてみようかと考え、運動と便秘との関係について調べてみました。

運動には便秘を改善する効果があるのか

結論から先に言うと、『運動には便秘改善の効果がある』と言い切っていいと思います。というのは、運動することによって筋力がアップしたりストレス解消する作用があるから。私自身、ランニングした後は気分がぐっと上がったし、蓄積されていたイライラやモヤモヤした気分をスッキリ発散できて、すごーく良かった! 便秘が起こりやすくなる原因のひとつとして、お腹周りの筋力低下やストレスの多さなどが挙げられているそうなので、運動によってそれらを取り除くことができれば、便秘で悩まされることも少なくなるんじゃないかな。

運動することのメリットとは

私のようにランニングをしたり、腹筋運動を始めることは、便秘を改善する効果はもちろん、ストレス発散や血行の促進、ダイエットの効果など、体や心に良い影響を与えてくれます。

例えばランニングをするときは、お腹の筋肉に意識を集中しながら走れば、腸を刺激して活性化させることにつながるそう。さらに、お腹が引き締まった良い姿勢が保たれて美容にも効果的ですよ。

便秘を改善する効果のある運動とは

快適なお通じが得られるからと言って、これまで運動する習慣がなかった方がいきなり激しい運動を始めても、効果がないばかりか体に負担となってしまいます。ここで重要なのは、適度な運動を心がけること。私の場合はランニングを始めたけど、走るのは難しいな…と感じたら、ウォーキングから始めてみてもいいかもね。

また、ストレスが原因の痙攣性便秘や過敏性腸症候群の方の場合は、激しい運動が負担になってさらに症状を悪化させることがあるみたいなので、様子を見ながら少しずつ運動を取り入れてください。便秘改善に効果があると言われている運動について、特徴や注意点を解説しますね。

ランニング

軽いランニングを行うと、全身の血行を促進して冷え性やむくみを改善することができます。お腹を意識しながら走ることで腸の周辺の筋肉を鍛え、便秘の改善の効果も。適度なランニングは爽快感が得られて、ストレスを解消する効果が高いことにも注目。心と体の両面から不調を改善できますよ。

ただし、高齢の方や激しい運動が難しい方、痙攣性便秘の方などにはランニングはおすすめしません。また、夜にランニングを行うと自律神経のバランスを崩す恐れがあるので、走るなら朝の時間帯にしましょう。

腹筋運動

わざわざ時間を作らなくても、空いた時間や寝る前などに気軽にできる腹筋運動。スムーズなお通じには腹筋の力が必要ですから、お腹周りの筋肉を鍛えることは、腸の動きを促進して便秘の改善に大きな効果があります。

腹筋運動は仰向けに寝て状態を起こす方法や、逆に足を上げる方法などいろいろあり、自分の体調や体力に合わせて負荷を変えることができます。回数や時間を調整して、無理のない程度に毎日続けてみましょう。

45日間のフン闘で学んだ、お通じ改善方法をまとめました

プロフィール

AYUMI

30代 独身 趣味:料理

自己紹介若いころから便秘と付き合ってきたわたしが、本格的に便秘と戦った壮絶な45日間を記録。快腸までの道のりや如何に?!

わたしが試した12のお通じ改善法

わたしのお通じ解消体験・45日の全記録

【便秘生活終了】今までの便秘生活をまとめました!便秘からの解放〜インナービューティーを求めて〜

実践編記事一覧

→
←

知識編編記事一覧

→
←