わたしのお通じ解消体験・45日の全記録 » 【便秘生活22日目】今までのいろんな症状は便秘のせい? » 腸閉塞

腸閉塞

人間の大腸は約1.5メートルで、小腸は約6~7メートルもあると言われています。そんな長~い腸が、何らかの原因で詰まってしまう病気が腸閉塞。腹痛や吐き気が出て、重症になると発熱や激しい炎症を起こすこともあります。恐ろしい病気である腸閉塞は、便秘が原因で起こる可能性があること、ご存知ですか?

そんな、腸閉塞と便秘の関係についてリサーチしてみました。

便秘と腸閉塞の関係性

腸閉塞は腸が詰まってしまう病気で、詰まりが生じる原因によって2種類に分けられるそうです。1つは腸管の一部が狭くなってしまう「機械的腸閉塞」、もう一つが腸管運動の働きが停止してしまうことで内容物が詰まってしまう「機能的腸閉塞」です。どちらもお腹が張って、痛みが生じます。また、便やおならが出にくい状態になります。

機械的腸閉塞

腫瘍や腸のねじれ、腸の癒着、消化の悪い食べ物が詰まることなどを原因として、物理的に腸が詰まるタイプの腸閉塞。機械的腸閉塞は開腹手術を受けた後に起こりやすい症状です。便秘も原因として考えられます。治療のためには飲食を休止し、点滴による栄養補給が行われます。また、症状を改善するため、腸内にイレウス管を挿入し、腸液や内容物を吸い取る治療も必要です。この治療により症状が改善し、排便が再開すれば食事も摂れるようになります。もし改善しない場合は手術が必要です。

機能的腸閉塞

ハッキリとした詰まりはなくとも、神経の異常や腹膜炎などの炎症で腸の動きが停止してしまい、便が滞ってしまうタイプの腸閉塞です。強いストレスや虫垂炎などが原因で起こることもあります。機能的腸閉塞は麻痺性と痙攣性の2つのタイプがあります。このうち腸の働きが停止することで起こるのが麻痺性の腸閉塞です。麻痺性の腸閉塞は感染性腸炎や腹膜炎、開腹手術などが原因で起こります。また、ストレスや虫垂炎、胆石症の発作などが原因で発症するのが痙攣性の腸閉塞です。腸管には直接の原因がありません。どちらのタイプも排便が停止し、吐き気や嘔吐などの症状を引き起こします。治療法は機械的腸閉塞と同じく、飲食の停止と点滴による治療です。(注1)

注1:海賀照夫「腸閉塞ってどんな病気?」【PDF】(2018年10月20日アクセス)

腸閉塞を放っておくとどうなるか

硬くなった宿便によって腸閉塞が起こってしまう、糞便性の腸閉塞の症例は、糖尿病などの持病を持つ高齢者に多いようです。しかし、若い人でも便秘が長期間続くことで起こる可能性があるそう。腸閉塞は重症になると腸管の血流がなくなってしまって壊死したり、腸が破裂してしまったりと、命に関わる重大な事態になりかねません。ただの便秘だと油断していると、ひどい目に合ってしまうこともあるのです…。

腸閉塞をなくすための便秘解消法

硬く詰まった便で腸が詰まって破裂するなんて、考えただけでも恐ろしいもの。このように、便秘があまりにも長引くと、取り返しのつかないことになることも考えられるのです。水分や食物繊維を積極的に摂ったり、便秘解消の努力を忘れないようにしましょう。もし、便秘の症状と一緒に吐き気や腹痛が起こったり、症状が徐々に悪化してきたなと感じたら、消化器や胃腸科などの専門病院でドクターに診てもらうことを強くおすすめします。

私が実際に試したお通じ改善方法をこちらで比較しています

プロフィール

AYUMI

30代 独身 趣味:料理

自己紹介若いころから便秘と付き合ってきたわたしが、本格的に便秘と戦った壮絶な45日間を記録。快腸までの道のりや如何に?!

わたしが試した12のお通じ改善法

わたしのお通じ解消体験・45日の全記録

【便秘生活終了】今までの便秘生活をまとめました!便秘からの解放〜インナービューティーを求めて〜

実践編記事一覧

→
←

知識編編記事一覧

→
←