わたしのお通じ解消体験・45日の全記録 » 【便秘生活22日目】今までのいろんな症状は便秘のせい? » 吐き気

吐き気

慢性的な便秘に悩まされている方が、吐き気の症状を訴えることも少なくないそうです。

なぜ便秘と吐き気が起こるのか、便秘が原因で起こる吐き気はどのような症状が特徴なのかなどを解説してみたいと思います。

便秘と吐き気の関係性

腸と胃は同じ消化器官としてつながっているわけですから、お互いに影響力を持っています。つまり便秘になったら、吐き気をともなうこともあり得るということ。私はまだ便秘が原因の吐き気を感じたことはありませんが、便秘の種類によって吐き気の症状も原因も違って来るようです。

吐き気を放っておくとどうなるか

種類別に吐き気の症状をまとめてみました。

器質性便秘の場合の吐き気

便秘が長期間続いていて、同時に吐き気が起こっているケースで最も注意した方が良いのは、器質性便秘の場合だそう。腸閉塞や腸ねん転、腹膜炎などの病気によって起こる便秘なので、それらの疾患によって吐き気も同時に引き起こされていることがあるのです。

特に吐き気を併発する便秘は、命に関わる内臓の疾患が隠れている場合が多いので、自覚したらすぐに病院で検診を受けた方がよさそうです。

痙攣性便秘や過敏性腸症候群の場合の吐き気

下痢と便秘を交互に繰り返す症状が特徴の痙攣性便秘は、吐き気や嘔吐を併発することが多いそうです。痙攣性便秘や過敏性腸症候群は過剰なストレスが主な原因で、自律神経の乱れによって起こるもの。ですから、吐き気と同時に頭痛などの神経系の症状を併発することもありますし、うつ感情などの精神的な症状が出ることもあります。

吐き気をなくすための便秘解消法

吐き気をなくすには、まずは身体が楽になるよう安静にすることが大切。ミントやタブレットを口に入れるのも効果的でしょう。あまりにひどいようなら、胃腸薬を飲むのもおすすめです。

ただ、器質性便秘のように、ほかの内臓疾患が隠れている場合の便秘や吐き気は、一刻も早く病気を特定することが重要です。特に、それまではあまり便秘をしていなかったのにも関わらず、急に吐き気をともなう便秘が続くようになった場合は、気質性便秘を疑って専門の病院で診てもらうことをおすすめします。

また、下痢と便秘を繰りかえす症状は、明らかに痙攣性便秘や過敏性腸症候群ですから、こちらの場合も医療機関で受診した方が無難。便秘薬のほか、不安感やうつ、神経系の症状などを緩和する薬を処方されることもあり、症状がかなり楽になるはずです。

私が実際に試したお通じ改善方法をこちらで比較しています

プロフィール

AYUMI

30代 独身 趣味:料理

自己紹介若いころから便秘と付き合ってきたわたしが、本格的に便秘と戦った壮絶な45日間を記録。快腸までの道のりや如何に?!

わたしが試した12のお通じ改善法

わたしのお通じ解消体験・45日の全記録

【便秘生活終了】今までの便秘生活をまとめました!便秘からの解放〜インナービューティーを求めて〜

実践編記事一覧

→
←

知識編編記事一覧

→
←