わたしのお通じ解消体験・45日の全記録 » 【便秘生活45日目】お茶を飲んだらバナナ型がドッサリ » やらなかったこと:腸内洗浄

やらなかったこと:腸内洗浄

あまりにも便秘がひどいときは、医療機関やエステサロンなどで腸内洗浄を受けることもできるそう。文字通り腸の中を丸洗いしてしまうので、詰まっていた老廃物をすべて洗い流すことが可能です。でも、腸内洗浄を受けるには医療機関を受診したり、器具を購入する必要があるので、かなり大掛かりなものになるみたい。わたし自身は、「そこまでしなきゃいけないのかな…」と正直面倒くさく感じてしまいました。

とりあえず、どうしても便秘が治らなかった場合の最後の手段としてリサーチだけはしておきました。

腸内洗浄で便秘が解消するメカニズム

肛門から管を差し込んで温めた滅菌水などを入れ、腸の中を洗い流すものです。浣腸との違いは、薬液を入れて排便を促すだけでなく、腸の中にこびりついた宿便までを排出することができる点です。元々は、医療機関において緊急で便秘を解消したり、腸の内容物を外へ出す必要が生じた時に行われていたらしいんですが、現在は医療機関以外の、エステサロンなどでも行われているようです。

自宅でできる腸内洗浄キットが販売されていますが、基本的には医療機関で受けた方が無難。消化器内科や胃腸科、肛門科などに問い合わせると、施術してくれる病院が見つかります。

腸内洗浄のメリット

腸の中を直接洗えるわけだから、スッキリ感は格別なんだろうな。便秘解消以外にもメリットが多そうです。

確実に便秘が解消できる

腸内に詰まっている便を排出できるのはもちろんですが、腸の中に溜まり続けている宿便も落とすことができます。宿便は医学的には滞留便と呼び、通常の便を排出してもまだ出し切れずに残っている便のこと。長い間、腸にあって腐敗が進み、黒っぽくなっていたり、緑色の場合もあるそうなんです。いずれにしても、体に悪影響を及ぼす便を外へ排出できるのが、腸内洗浄の最大のメリットでしょうね。

デトックス効果で肌荒れにも効く

宿便が腸内に長い間とどまり続けていると、ずっと毒素が発生し続けていることになり、それが原因のニキビや吹き出物に、悩まされることがあります。腸内に滞留している便がすべてなくなれば、有害物質が発生することもなく、肌へ害が及ぶこともなくなるはず。肌荒れの改善が期待できます。

ダイエット効果が期待できる

腸内に便が溜まっている状態だと、単純に体重が重くなるということだけでなく、滞留している便から出される有害物質が、エネルギー代謝を低下させるという悪影響があるそうです。代謝が悪くなるということは、同じ活動をしていても痩せにくくなるということ。ですから、腸内洗浄を行って腸の宿便がなくなれば、代謝がアップしてダイエットにも効果をもたらしてくれるはずです。

腸内洗浄のデメリット

腸内洗浄は医療機関で施術してもらうか、自分で行う場合でも注意点がいくつかあります。デメリットは、お手軽ではないという点でしょう。

医療機関などを利用するので面倒

腸内洗浄を安全に行うとなると、やはり医療機関で受けたいもの。受診可能な病院をリサーチして予約し、わざわざ出向くのが少々面倒ですし、当然ですが受診料もかかります。

自宅でやるのは注意が必要

自宅でできるキットを購入することも可能ですが、自分でお尻に入れるとなると不安があることは否めません(-_-;)  注意して行わないと、感染症の不安や大腸を傷つけてしまう危険もあります。

頻繁にすると便秘しやすくなってしまうことも

医療機関で安全に行ったとしても腸内洗浄を繰り返しているうちに、自分自身で便を排出する腸の機能を低下させてしまったり、また腸内の善玉菌も一緒に洗い流してしまったりといったデメリットがあります。頻繁に行うことで、逆に便秘になりやすくなった、という人もいるようです。

私を救ってくれたお通じ改善効果の高いお茶の話を読んでみてください

プロフィール

AYUMI

30代 独身 趣味:料理

自己紹介若いころから便秘と付き合ってきたわたしが、本格的に便秘と戦った壮絶な45日間を記録。快腸までの道のりや如何に?!

わたしが試した12のお通じ改善法

わたしのお通じ解消体験・45日の全記録

【便秘生活終了】今までの便秘生活をまとめました!便秘からの解放〜インナービューティーを求めて〜

実践編記事一覧

→
←

知識編編記事一覧

→
←