わたしのお通じ解消体験・45日の全記録 » 【便秘生活45日目】お茶を飲んだらバナナ型がドッサリ » やらなかったこと:浣腸

やらなかったこと:浣腸

便秘が長引くと、辛さのあまりあらゆる改善法を試してみたくなります。でも、さすがのわたしも実際に試す勇気が出なかったのが浣腸です。市販の浣腸は症状に合わせて、量や形状などに違いがあり、様々な種類が販売されているようでしたが、どうも店舗で購入するのに抵抗がありました。いつかまた、激しい便秘に悩むことがあったら使ってみてもいいかな、という意味で浣腸について調べてみました。

浣腸が便秘に効くメカニズム

浣腸と言えばイチジク型のものが有名ですが、リサーチしてみると意外といろんな形のものが市販されていることが分かります。量や容器の形も誰でも使いやすいように工夫されているので、子供から大人まで安全に使うことができるみたいです。

浣腸は、肛門から薬液を入れることで腸を刺激して排便を促すとともに、腸壁をすべりやすくして便がスムーズに出るようにサポートするもの。自分でも注入しやすいように、イチジクの形をしているのが一般的なのだとか。

浣腸のメリット

浣腸で便秘を解消する方法のメリットについて、考えてみました。

10分以内にすぐに出る即効性

浣腸は腸の中を直接刺激するものですから、頑固な便秘でも薬液を入れて3~10分ほどで便意が起こる即効性が魅力です。サプリメントやマッサージ、便秘薬でもこのような確実性と即効性はなく、浣腸の最大のメリットです。

お子さんからお年寄りまで安心して使える

すぐに排便できる確実性から、医療機関や介護の現場などでも使われている浣腸。種類がたくさんあって使いやすいように工夫されているので、小さな赤ちゃんからご年配の方まで使える安全性の高さも特徴です。

タイミングを自由にコントロールできる

便秘薬のように飲んで効果が現れるまで待つ必要がなく、ほとんどの方が薬液を入れてから10分ほどで便意をもよおします。旅行の時や重要な仕事の前など、必要なタイミングで確実に排便をコントロールできるので便利です。

浣腸のデメリット

浣腸を利用して便秘を改善することのデメリットについて、まとめてみました。

購入・使用するのに抵抗がある

若い女性などは特に、薬局などで浣腸を購入するのに抵抗がある方が多いと思います。さらに、使用する際にも抵抗を感じる方がいるので、使用に踏み切るまでに少し勇気がいるかもしれませんね。わたしもここに抵抗を感じました。

腹痛などが起こることがある

浣腸の薬液を入れると、直接腸を刺激することになるので、いわゆる下痢の時のような下腹部の痛みや不快な感じが出る可能性があります。さらに、たちくらみなどが現れる方もいるようです。

わたしを救ってくれたお通じ改善効果の高いお茶の話を読んでみてください

プロフィール

AYUMI

30代 独身 趣味:料理

自己紹介若いころから便秘と付き合ってきたわたしが、本格的に便秘と戦った壮絶な45日間を記録。快腸までの道のりや如何に?!

わたしが試した12のお通じ改善法

わたしのお通じ解消体験・45日の全記録

【便秘生活終了】今までの便秘生活をまとめました!便秘からの解放〜インナービューティーを求めて〜

実践編記事一覧

→
←

知識編編記事一覧

→
←