わたしのお通じ解消体験・45日の全記録 » 【便秘生活1日目】寝起きのお水が良いらしい

【便秘生活1日目】寝起きのお水が良いらしい

便秘解消のために何か策を講じねば…と考えた私は、とりあえずすぐにできそうな方法から取り掛かることに。
それは、『水を飲む』という方法。
言われてみれば、私は「積極的に水分を摂るように意識したことがなかったな」と反省しつつ、水選びやどんなタイミングで飲むべきかなどをリサーチしました。

なぜ便秘のときに水を飲むべきなのか?

そもそも、『なぜ便秘に水が効くのか』という疑問が湧いてくるんだけど、答えはカンタン。便秘は、摂取する水分が少なくなると起こりやすいから。
人間は体の約7割が水分でできていると言われるくらいなので、私たちは常に水を必要としており、口から摂取した水分のおよそ8割を小腸で、残りの2割を大腸で取り込んでいるんですって。
摂取する水分が足りないと、栄養分を取り尽くした後の残りカスである便に水分すら残っていないことになり、カッチカチの便ができあがってしまうんです!!
水分不足のカチカチ便が、なかなか体の外へ出てこなくなってしまうのは、当たり前ですよね…

水を飲むことによる便秘への効果とは

便秘に良く効くことで有名な食物繊維は、水分がないとほとんど効力がなくなってしまうようです。
食物繊維は腸内で水分を含むことによって大きく膨らみ、腸を刺激する効果を発揮するので、水分は必須。食物繊維を摂取するときは水分と一緒に摂ったり、こまめに水分補給をするなどして、意識的に水を口に入れることで腸を動かす作用を高めることができるんです。

効果的な飲み方は…朝一番で温めて飲む!

朝起きたばかりの私たちの体の中では、胃は空っぽで何も入っておらず、前日食べたものがカスとなって腸の中に残っている状態。
このときに水分を送り込めば、腸の中のカスを柔らかくすることができ、同ときに腸の刺激となるのでお通じを促すことができます。ちなみに朝一で水を飲むときは体温よりちょっと温かい45~50℃くらいのお湯を飲むと、腸の中の固まった便をより早く柔らかくできるし、内臓を温めて活動しやすくする効果もあって一石二鳥。そこで私も、起き抜けに少し温めたお湯をマグカップ1杯飲むことにしてみました。

どんな水が便秘に効くのか?

寝起きで温めて飲むのはもちろん、どんな種類の水を飲むのかも大事。一口にお水といっても、いくつか種類があるんです。
そこで、便秘解消に効果があるとされるお水について調べてみました。

コントレックス

コントレックスは、マグネシウムを豊富に含んだ硬水です。
マグネシウムには浸透圧の作用があり、腸壁から水分を奪って、便を柔らかくする働きがあります。つまり、便秘解消にも効果があるということ。体に合わない人は、下痢気味になってしまうこともあるそうなので、注意が必要です。

ペリエ

ペリエは、食前に飲まれる有名な炭酸水ですが、ミネラルが多く含まれている硬水でもあります。硬水といっても炭酸入りなので、エグみが感じられず飲みやすい点が特徴。マグネシウムなどのミネラルの効果で便秘を解消するとともに、炭酸の刺激で内臓を刺激して働きを促すことも期待できます。

朝起きたら「とぅるん」って出たときに飲んでいたのは…

プロフィール

AYUMI

30代 独身 趣味:料理

自己紹介若いころから便秘と付き合ってきたわたしが、本格的に便秘と戦った壮絶な45日間を記録。快腸までの道のりや如何に?!

わたしが試した12のお通じ改善法

わたしのお通じ解消体験・45日の全記録

【便秘生活終了】今までの便秘生活をまとめました!便秘からの解放〜インナービューティーを求めて〜

実践編記事一覧

→
←

知識編編記事一覧

→
←