わたしのお通じ解消体験・45日の全記録 » 【便秘生活1日目】寝起きのお水が良いらしい » 便秘解消には炭酸水が効くって本当?

便秘解消には炭酸水が効くって本当?

便秘はそのままにしておけば、お肌が荒れたり、お腹がどんより重かったり…毎日が憂鬱に。

本来であれば排出されるはずの老廃物(うんち)が体の中に留まるのは、決していいこととは言えません。とは言え、便秘薬などを飲むのは最終手段にしたい…と食生活から改善をしたいと感じている方も多いでしょう。そこでこのページでは、炭酸水を使った便秘解消についてご紹介したいと思います。

炭酸水には腸を整えるチカラがある?

しゅわしゅわとした喉ごしですっきり飲める炭酸水。特に食物繊維が入っているわけでもないのに、便秘に効くといわれても「ほんとかな?」と思う方もいるでしょう。

炭酸水は、そのシュワシュワとした発泡が腸に届いたときに腸に刺激を与えてくれるといわれています。その結果、刺激された腸は活動が活性化し、便を排泄させるために必要なぜん動運動が起こりやすくなりそうです。便秘は水分不足が原因となっていることもありますので、炭酸水を飲むことで水分も補給できるのですから一石二鳥と言えるでしょう。

炭酸水の持つ整腸作用は、ヨーグルトに含まれる乳酸菌などによるものではなく、そのシュワシュワが貢献してくれているのですね。

実際に、海外の研究になりますが炭酸水が胃腸管に及ぼす影響を調べたイタリアの研究[1]では、約2週間炭酸水を飲んだグループと水道水を飲んだグループそれぞれで消化や便秘スコアを調査。その結果、炭酸水を2週間飲み続けたグループでは、そうでないグループとくらえて便秘スコアが低下。消化不良スコアも有意に低下していたことが報告されています。

被験者が各グループ10名程度の実験のため、絶対とは言えませんが、この研究では、機能性消化不良や便秘の方にとって、炭酸水は膨満感や消化不良、便秘を解消する上で有意な働きをする可能性があることが示唆されています。

[1]

出典: 『Effects of carbonated water on functional dyspepsia and constipation』European Journal of Gastroenterology & Hepatology,14(9)2002

炭酸水は便秘に対して即効性がある

では、炭酸水を飲むことでどの程度便秘に対して即効性の効果を表してくれるのでしょうか?

今すぐにでも便秘を改善したい方にとって、「どのくらいで効き始めるか」はとても大切な問題でしょう。先ほどご紹介したイタリアの研究者らによる実験では、2週間かけて便秘改善効果を検討しています。また、2011年に発表された韓国の研究者らによる別の研究[2]でも、2週間の期間を持って炭酸水が便秘改善にどのような影響を与えているかが検証されています。

こうした例から考えると、少なくとも2週間は炭酸水を飲んで見て、便秘改善にチャレンジしてみるといいのではないでしょうか?炭酸水による便秘解消を目指すメリットは、飲んですぐに腸を刺激できる点。さらに、下剤と違って副作用や飲み続けて効果が出なくなるといった心配もありません。

先にご紹介した、炭酸水が腸のぜん動活動を刺激することを考えれば、比較的効果は早く現れてくれるのではないかと期待されます。何れにせよ、「何日飲めば絶対効果がある!」という訳ではないのでご注意を。炭酸水を飲んでもなかなか改善されない場合には、医師などに相談することも考えるといいでしょう。

[2]

出典: 『Effects of carbonated water intake on constipation in elderly patients following a cerebrovascular accident』Journal Korean academy,42(1)2011

炭酸水で解消できる便秘のタイプ

炭酸水で便秘が解消できることとは、ここまででよく理解いただけたと思います。では、すべての便秘にたいして炭酸水は有効なのでしょうか?その答えを知るには、まずなぜ便秘が起こるのかを理解する必要があります。

成人の大腸は1.5メートルほどあると言われます。小腸で栄養素が吸収・消化された後の残りカスが大腸に送り込まれ、ぜん動運動により少しずつ肛門へと送られていくのが排便のメカニズムです。

便秘になる原因で第一に挙げられるのが、この腸内でのぜん動運動が弱すぎて、便がうまく排出されないタイプの便秘です。これを一般に「弛緩性便秘」と呼び、運動不足の方やデスクワークが多い方によく見られる便秘と言われています。

次に便秘の原因として考えられるのが、ストレスが原因で引き起こされる「けいれん性便秘」です。これは、腸の全盲運動が強くなりすぎ、腸がけいれんを起こして引き起こされる便秘です。いつも緊張状態が続いている方や、ストレスの多い方は、もしかしたらけいれん性便秘かもしれません。

もう一つ、考えられるのが「直腸生便秘」と呼ばれるタイプの便秘です。これは、排便リズムの乱れなどにより、便意が起こらなくなってしまう状態の便秘です。慢性的に便秘の方や便意を我慢することが多い方は、直腸の排便活動に伴い脳に送られる「便を出そう」という信号がうまく脳に伝わらなくなっているのかもしれません。

炭酸水で解消できるタイプの便秘は、ここで挙げた便秘のうち「弛緩性便秘」に有効と言われています。ぜん動運動を炭酸水が刺激することで、便がうまく排出されるのをサポートしてくれるわけです。

ここで一つ注意しておきたいのが、過敏性腸症候群(IBS)の方は炭酸水が逆効果になることもあるという点です。

炭酸水は確かに消化を促進してくれますが、炭酸ガスが含まれているため、お腹に膨張感を感じやすいのは避けられません。IBSでは症状が悪化することもありますので、避けるようにしましょう。

便秘解消のための炭酸水の効果的な飲み方

では、便秘を解消するために炭酸水を飲む場合。どんな風に飲むのが効果的なのでしょうか?オススメの効果的な飲み方をいくつかご紹介しましょう。

朝、起きてすぐ飲む

腸の活動は、身体が目覚める朝には活動を始めます。寝ているときにウンチがしたいと思うことが少ないのは、腸も睡眠にあわせて眠っているからなのかもしれません。

そこで、炭酸水も超が目を覚ましたタイミングで飲むようにするといいでしょう。朝のお通じを習慣づけられれば、便秘になりやすい生活リズムも手に入れられるため、一石二鳥。早朝に腸を刺激し、ぜん動運動を促せば、スムーズに排便ができるようになります。

毎朝コップ1杯の炭酸水を飲む習慣をつければ、目覚めもスッキリ。レモンなどを加えれば、さらに飲み口もスッキリし、心地よい朝時間を迎えられることでしょう。

少し温めて飲む

炭酸水といえば、氷をたっぷり入れて冷たいもの。そんなイメージで冷たい炭酸水を飲んでしまうと便秘には逆効果かもしれません。冷たい飲み物はお腹を冷やしてしまい、正常な働きを妨げてしまうことがあります。お腹を温めて、消化・排便活動がしやすくなるように、便秘の際は温かい飲み物を飲むのがオススメ。

とはいえ、炭酸水は温めると炭酸が飛んでしまいますから、常温もしくはほんの少し温めたものを飲むようにしましょう。

夜寝る前に炭酸水のペットボトルを枕元においておけば、翌朝には常温になってすぐに飲めるのでオススメです。

便秘解消に効果のある炭酸の種類

一般に市販されている炭酸水には「硬水」と「軟水」の2タイプの炭酸水があります。硬水とは、マグネシウムやカルシウムなどのミネラル成分を多く含んだ水です。日本の水は多くが軟水のため、便秘解消のために炭酸水を選ぶなら、ヨーロッパなど海外メーカーの炭酸水を選ぶといいでしょう。

というのも、カルシウムは小腸から吸収され、筋肉の収縮にも貢献する栄養素です。筋肉の収縮は腸のぜん動運動にも欠かせません。骨を作る栄養として有名なカルシウムですが、現代の食生活の変化によってカルシウムが不足しがちな女性も多いため、積極的に取りたい栄養素。

せっかく炭酸水を飲むなら、炭酸水に含まれる、こうしたミネラルの働きにも注目してみましょう。

カルシウムは、骨や歯の主要な構成成分になるほか、細胞の分裂・分化、筋肉収縮、神経興奮の抑制、血液凝固作用の促進などに関与しています。

出典: 公益財団法人長寿科学振興財団、健康長寿ネット「カルシウムの働きと1日の摂取量」

便秘を解消するにはどのくらいの量の炭酸水を飲めばいいの?

では、炭酸水を飲んで便秘を解消するにはどのくらいの量を飲むのがいいのでしょうか。結論からいうと、毎朝炭酸水を飲むのであればコップ1杯程度(およそ150〜200ml)がオススメです。これなら無理なく続けられそうだと思いませんか?

人間の体は、水分が不足すると便が固くなり、腸内で移動しにくくなってしまいます。そのため、適度な水分補給は便秘解消にも大切です。炭酸水に加えて、トータルで1日1.5リットル以上の水分を摂るように心がけましょう。

プロフィール

AYUMI

30代 独身 趣味:料理

自己紹介若いころから便秘と付き合ってきたわたしが、本格的に便秘と戦った壮絶な45日間を記録。快腸までの道のりや如何に?!

わたしが試した12のお通じ改善法

わたしのお通じ解消体験・45日の全記録

【便秘生活終了】今までの便秘生活をまとめました!便秘からの解放〜インナービューティーを求めて〜

実践編記事一覧

→
←

知識編編記事一覧

→
←